BLOG

blog

カバラの秘教的瞑想法について

BLOG | 2018.11.27

こんにちは。吉田ルナです。私はタロットを学んでいて、タロットものとになっている神秘思想であるカバラを知りたいと思いました。タロット占いがなぜ当たるのか、タロットには特別な力があると考えました。タロットの元になっている生命の木やカバラに行きつき、今はカバラを学んでいます。カバラを学ぶことは神を知ることです。そして、私たちのルーツを知ることになります。カバラはとても深遠な教えですが、現時点で、私がお話することができるカバラの四世界につてい今日はお話します。

創造のプロセス カバラ・四世界

カバラでは、流出界、創造界、形成界、物質界と四つの世界でできるとされます。私たち人間も、物質界に生きて存在しているとき、形成界や創造界、流出界にも自分が存在すると考えます。

物質界に創造している私は分かるけど、流出界、創造界、形成界に存在している私とはどんな存在なの? それが知りたいですよね。それについてお話します。

まずは、流出界から。流出界は、神のエネルギーが流れ出す世界です。アダムカダモンが存在する世界です。アダムカダモンとは、エネルギーの存在みたいなもので、神聖人間というのでしょうか? 人間の姿をした神の姿とでもいうのでしょうか? そのアダムカダモンのエネルギーが流出している世界が流出界です。そのエネルギーは次の創造界に流れ出します。

創造界には創造するためのアイデアがあります。アイデア及びブループリント(原始設計図)があると考えるといいでしょう。

その創造界のブループリントをもとに細密な計画が立てられます。その細密な計画が立てられるのが形成界です。形成界はイメージの世界、心の世界ともいわれます。私たちは、肉体を持ち、物質世界を生きていますが、私たち人間の意識の中心は、この心理世界である、形成界にあると言えます。

人間は肉体の欲求がメインに活動ているというよりは、思考や感情をもとに活動していると思います。さらに、実行・行動することよって得られた情報や結果をもとに、考えて活動を発展させていきます。肉体の意識というのは、自己保存と生殖、生存欲求に行きます。つまり本能ですね。私たち人間は本能に基づいて行動するというよりは、思考を使って生きていると言えるので、物質界に存在していて、心理世界である形成界を主に活動していると言えるでしょう。

四世界の残る世界である物質界ですが、製造界とも呼ばれます。製造界と言うように、形成界で細密な計画が立てられたものが製造されるのです。形成界が鋳型なら、その鋳型でたくさんのものが製造されるのが、製造界です。

メルカバー瞑想で創造界へ

今回のテーマである、カバラ秘教的瞑想法ですが、私たちはそれを「メルカバー瞑想」と呼んでいます。カバリストは、メルカバーライダーであると言われていました。メルカバーとは魂の乗り物を示します。魂の乗り物の乗って、神の世界=流出界まで上がっていこうという瞑想です。

メルカバーは、「マカバ」と言われますが、私の所属するクループでは「メルカバー」と言います。一般的に「マカバ」と聞くと幾何学的な形を思う人が多いと思います。マカバもメルカバーも、エゼキエルの幻視に現れた、自在に動く戦車のことを示しています。この自在に動く戦車は、魂の乗り物で、高い世界に上がっていく乗り物を示しています。

メルカバー瞑想は魂の世界のさらに上に上がっていくための乗り物を作って、上の世界に上がっていく瞑想なのです。アダムカダモンのいる流出界に上がっていくための乗り物を作って、高い世界に上がる瞑想がメルカバー瞑想です。

流出界まで上がることができなくても、創造界まで上がることができたならば、自分の持っている運命を変えることができます。創造界は私の運命を創造することができる世界なのです。

メルカバー瞑想をすることによって、自分が持っているブループリントを知ることができます。さらには、新しい運命を作ることができる世界です。創造界まで上がって、人生を創造的なものにしたい。流出界のエネルギーに接触することで、生命力が高まます。

流出界、神の意識の世界まで上がっていくことは、ラビ・アキバが成し遂げたともいわれますが、私たちも瞑想を続けることによって高い意識に昇っていくことができます。

トリンでは毎月メルカバー瞑想を行っていますので、興味のある人は是非、メルカバー瞑想会に参加してみてください。

興味のある人は、お問い合わせは、トリンまで、連絡ください。

ありがとうございました。吉田ルナ

ACCESS

営業時間/11:00~18:00 / 定休日なし大阪府大阪市南船場3-10-26吉川ビル902 Trine 占い事務所