BLOG

blog

カバラ生命の木とタロット

BLOG | 2019.01.06

こんにちは。吉田ルナです。今日は、今年もよろしくお願いします。

今年に初ブログである今回は、私、吉田ルナのライフワークであるタロットのお話をしようと思います。

ライダー版、マルセイユ版などに代表される一般的なタロットカードは、78枚あるのはご存知でしょうか?

78ってちょっと中途半端な数に感じませんか?

どうしてこのような数になったかというと、タロットカードはユダヤ教やキリスト教の秘教的思想である、カバラで用いられる「生命の木」にタロットカードは対応しているからです。

生命の木には、10個のセフィラ(複数形セフィロト)と、1つのノンセフィラがあります。セフィラとセフィラはパス(小径)と呼ばれるエネルギーの通り道でつながっています。そして生命の木は構成されています。

カバラでは、世界は四世界によって構成されていると考えられます。その四世界に一つずつ生命の木が存在し、重なり合って四層構造になっています。これがどういうことかというと、まず、空を見上げると輝く太陽があります。私たちは物理的に太陽を確認することができますが、それと同時に四世界に存在します。私たちの見ている物理世界の太陽、心理世界の太陽、霊性界の太陽、神性界の太陽と四つの世界に同時に存在しているのです。

ですので、太陽が与えると物理的影響もあれば、曇っている日と晴れている日の気分が変わるように私たちの心理の世界に影響を与える太陽もあります。同じように霊性界、神性界にも太陽があり影響していると考えます。

神性界とは、カバラでは「流出界」=アツィルト界と言います。神のエネルギーが流れ出ている世界です。そして、そのエネルギーが流出界の生命の木を満たすと、その中心から「創造界」=ベリアー界にエネルギーが流れていきます。創造界は言葉通りに創造の世界です。この世界にブループリント、私たちのソウルホログラム(魂の全記録)があります。この創造界はアイデアに満ちた世界です。その生命の木の中心から「形成界」=イエツラー界にエネルギーが流れます。形成界は具体的なイメージの世界です。先ほどの創造界はアイデアがこの形成界で具体的な計画となります。その具体的な計画に基づいて、「物質界」=アッシャー界に、物理的に存在します。それは、神のエネルギーが物理世界に顕現したことを示します。

私たち人間も、このプロセスを経てこの世界に存在していますので、私たちは神のエネルギーが顕現した存在と言えます。それに、人は神の似姿として作られています。私たちがこの世に命を受けて生きているということは、神の意思であります。それを望んだのが、神である私ということになります。なので、I am that I am.=私は存在する私である(訳者吉田ルナ注:この言葉の訳はいろいろな言葉に訳されていてなんて訳をすればいいのか分からない言葉です)私たちは、地上に生きる神ともいえる存在が私たちなのです。この世界に存在する私たちの中にも、意識することは難しいのですが、流出界(神性界)のエネルギー、創造界(霊性界)のエネルギーを保持しています。

私はタロットを知りたくて、生命の木にたとりつき、カバラを学んでいます。カバラは学ぶものてなくて、体験するものなので、体験的に生命の木を学ぶことができたらと思って授業を行っています。

タロットカードの持っている不思議なエネルギーを理解したいなら、カバラや生命の木を学ぶといいと思いますし、また、カバラや生命の木を知りたいなら、タロットを学ぶことで、分かりやすく生命の木の機能を理解することができます。

トリンにてタロットカードと生命の木を学ぶ講座を行いますので、タイミングがあるときにいつでもお越しください。第三日曜日に開催しています。タロットを深く知ることによって、タロット占いにおけるリーディングが深まっていきます。そして、より高い次元のメッセージをおろしてくることができるようになります。

カバラ、タロット、生命の木に興味のある人は是非、お越しください。

タロットパスワーク

 

ACCESS

営業時間/11:00~18:00 / 定休日なし大阪府大阪市南船場3-10-26吉川ビル902 Trine 占い事務所