コミュニケーションが苦手な人は「タオコミュニケーション」がおススメ♪

あなたは大切な人とコミュニケーションが上手くとれていますか?

「真のコミュニケーションとは愛を伝えること」
と、このワークを作ったポールソロモン先生は言っています。

愛が伝わるコミュニケーションを知って幸せな人間関係が作れたらいいですよね。

でも『私はなかなかコミュニケーションが上手くとれていない』と悩んでいる人も多いですね。

なぜ上手くいかないんでしょう。

そして何が大事なんでしょう。

この講座を受けるとコミュニケーションが上手くいくコツがわかりますよ。

人間関係の中で家族や友人、会社の同僚となぜかぶつかるという経験はないですか?

とくに身近な人だからこそ上手くいかなくて悲しくなったり腹が立ったりしませんか?

なんでわかってくれないんだろうとか、もやもやした気持ちになってしまいますよね。

大切なパートナーと上手くコミュニケーションが取れていない方

「なんでわかってくれないの?」

「私はこんなに我慢してるのに」


「なぜ私ばっかり気を使わなきゃいけないの?」


「私たちはしょせん合わないんだ」


そんな不満がいっぱいありませんか?それだと悲しい気持ちになりませんか?

でもこのタオコミュニケーションを受けて愛を伝えることを知ると変わります!

身近な大事な人との

大切な関係を

コミュニケーションを上手くとって

築いていきましょう。

本当はケンカなんかしたくないですよね。

誰でもそうだと思います。

あなたが愛を持ってコミュニケーションをとる方法を知れば相手も変わります。

タオコミュニケーションの講座では

生命の木や占星術などを使って上手くコミュニケーションをとる方法を学ぶことができます。

生命の木と占星術を使ったワークショップ

ユダヤ教の神秘思想にカバラがあります。
カバラとは受け取るという意味です。ユダヤ教の秘教であるカバラの根本を表すのが生命の木です。

この講座では生命の木に占星術の惑星や星座を当てはめて、あなたの資質を探っていきます。
そしてあなたのエレメントは何が多いのかを知ってあなたのコミュニケーションの特徴を知ります。

例えば私は太陽がみずがめ座で風のエレメントです。風は社交的、知的、クール、自由、軽やかなどがあります。
では月は? やぎ座で地のエレメントです。地は現実的、安定、努力する、継続など。

その他、水星や金星などの惑星がどの星座に入っているかで火、地、風、水の4つのエレメントに分けられます。



あなたはどのエレメントが多いのか知ると「なるほど、だからこうなのか」と納得すると思いますよ。また違うなと感じたら自分をうまくだしていないのかもしれませんね。
エレメントを感じるために妖精のでてくる瞑想もしますよ。



そして寸劇をしてさらに自分のエレメントを実際に体感していきます。
とても楽しいので経験してください。

相手の話を聞くスキルを学んだり

寸劇をして自分以外の性格の人を演じてみたりして楽しく体験します。

そして愛を伝えることを学びます。

大切な人とコミュニケーションを上手く取りたい方はワークショップにぜひご参加くださいね。

▲タオコミュニケーション

●日時:2022年2月23日(祝・水)13:30~19:00
 ※当初の2月11日(祝・金)より、日程が変更となりました。

●会場:トリン占いサロン&スクール(心斎橋)

●講師:沙々木リサ

●参加費:19,800円(税込) 
*再受講:11,800円(税込)
*早期割引:2022年1月末まで/18,700円(税込)・1,100円割引


~沙々木リサのプロフィール~
豊かなコミュニケーション能力を持ち心によりそう各種講座を展開中。点描曼荼羅講座、瞑想会を開催。 ILC修了。日本・イギリスでカバラ生命の木を学ぶ。

    ●お名前【必須】

    ●メールアドレス【必須】 ※パソコンのメールアドレス、Gmail推奨

    ●お電話番号【必須】

    ●ご用件【必須】

    ●内容【必須】

    ★鑑定のお申し込みの場合★
    ①生年月日 ②出生時間 ③出生地の情報をご記入ください。
    ※②③は分かる範囲で結構です[例:②14:00頃/夕方/不明など ③大阪市]

    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    ●48時間以内に、担当者よりメールにてご連絡を差し上げます。

    ※上記期間内に返信がない場合は、迷惑メールフィルターでブロックされている可能性がございます。
     お手数ですが、再度お問い合わせいただくか、
     お電話[06-6575-7977 / 営業時間 11:00~17:00]にてご連絡をお願いいたします。

    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――