ILCとは

自分を愛し 内面から輝き
自信に満ちた あなたらしい未来へ
ILCとは、Inner Light Consciousness (インナー ライト コンシャスネス)の頭文字を取ったもので「内なる光の意識」という意味です。
私たちの本質である愛や知恵、光、神性に意識を向けるワークです。
仕事、社会、親や子ども、パートナー、考え方や制限などを超えて、犠牲者的に生きるのではなく創造的に、愛と共に人生を豊かにするテクニックを学習します。
本来持っている自分の本質や使命に気づき、
能力や才能を制御するものを外して、潜在する可能性を引き出します。
自分の中にとどめられた意識を解放し、日々の生活や人生で起こることを自分で選択し、犠牲者から卒業するレッスンを行います。
毎日の生活に追われていると、真の自分を見失ってしまう事があります。
自分の本質に意識を向け、自分を愛し、自信を持ち、内側から輝き、安心して生きていく方法をILCでは習得することが出来ます。
愛と共に生きることで、人生に奇跡を起こすことができます。
恐れよりも愛を選んで生きるためのメゾットがILCなのです。
ILC 創設者 ポール・ソロモン師
フィリング ( ポール・ソロモン師の教えを始め、秘境を学ぶグループ )
http://filing.jp.com/

ILCコースについて

①ベーシック、②アドバンス、③7日間集中プログラム、④カバラ入門講座 という4つのプログラムで構成されています。
(ILCを受講頂く前にプレ授業として「人生解読ワークショップ」というコースがあります)

プログラム紹介

①ILCベーシック コース
全14回(授業1回約6時間)を月に2回ずつ、7ヶ月〜1年くらいかけて学ぶコースです。(3泊4日の合宿も含まれます)
スピリチュアルを体験的に学ぶことができます。
長い期間を掛けることで実際の変容を体感していただけます。
さまざまな心理的な体験型講座やスピリチュアルなワークショップがある中、過去に満足されなかった方にも満足していただけるプログラムをご用意しています。
古今東西の心理的、霊的、肉体的なアプローチにより、たくさんの気づきを得ることが出来るでしょう。

授業内容 一部紹介

⚪︎瞑想(ILC創設者、ポール・ソロモン師のセブンテラス瞑想)
⚪︎エクササイズ(心と体の調和をもたらすエクササイズ)
⚪︎タロット(スピリチュアルなガイダンスを受け取る)
⚪︎カバラ生命の木&占星術(スピリチュアルな視点で人生を考察する)
⚪︎ハイヤーセルフトークとコンタクト(大いなるものとの繋がり)
⚪︎パワーブリージング(特別な呼吸法による瞑想)
⚪︎ビハスクロール(創造主としての思考の定着)
⚪︎繁栄の法則(物質的な繁栄の為の法則)
⚪︎ ライフストーリー(自己の客観化)
⚪︎インナーチャイルドを癒す(傷付いた心を癒す)
⚪︎セルフトークを変える(思考パターンを変える)
⚪︎感情の主人になる(感情を上手く扱う方法)
⚪︎許しの円環(自身の問題を超える)
⚪︎表現力を高める(自己表現力を高める感情表現)

ILCコースの受講、募集について

ILCベーシックコースを受講いただくには、人生解読講座の受講が必要となります。(人生解読講座とは→)
また、コースが始まってからの途中参加は不可です。
①ベーシックコース修了者は、②アドバンスコースに進むことができます。
ILCは秘教的なワークショップを体験を通して学んでいただく内容となっているので、解説や説明では分からない部分が多いのですが、人生解読を受講していただくことでどのような手法を用いるかなどを知っていただけるでしょう。

人生解読講座

人生全体を地図にして俯瞰してみることで、あなたの人生の質や目的や使命などを浮き上がらせるワークショップです。
人生マップを使い、占星術や夢解読に導かれ人生を読み解きます。
今の自分や自分の人生を客観的に知ることができ、天命や人生のテーマを把握し、方向性の答えが得られ、これからどうやって生きていけばいいのか実感を持って指針を立てることが出来ます。どんな人にも役立ち、分かりやすい2日間のワークショップです。
人生解読ワークショップは定期的に開催しています。お知らせやイベント、ワークショップの案内はTOPページのNEWSにてお知らせします。→(NEWS)
お気軽にお問い合わせ下さい。
→(問い合わせフォーム)
ILC及び人生解読講座、カバラはフィリングでも学ぶことが出来ます。
( フィリング→http://filing.jp.com/ )

ILC コース 受講者の声

明らかによい方向に変わっていきました(30代 女性)
人生においてとても役立つ、また、今の状況を変えることが出来る気づきがありました。
自分はネガティブな傾向にあると気づいていましたが、自分に対して否定的でダメ出しを多くしていることはわかっていませんでした。誰かと比べて『自分はまだまだ』『他の人はもっとできる』とネガティブな言葉を自分に言い聞かせてしんどくなっていました。いつもネガティブな言葉を仕掛けているのではしんどい状況からなかなか抜け出せないと気が付き、言葉を変えることで徐々に自分が変わっていきました。
ILCを教えてくれた先生や先輩、ともに学べる仲間がいてくれたおかげで自分と向き合うことに真剣になれ、一人ではなかなか気づけないことや一人では続けられないことを続ける事が出来ました。
瞬時の劇的な変化はなかったけれど、地道にやっていくことで1年、2年後に明らかにいい方向に変わって来ている自分がいます。ありがとうございました。

奇跡のコース(会社員 女性)
長いOL生活の中、後半の人生について考える事が多くなったある日、自分を見つめるワークショップを勧められました。気が進まないまま参加し、最初の方は自分を変えないという思いだけで続けました。
外資系の企業で生き抜く為に、自分の弱さや本音等を隠していた自分にとってはこの見つめる作業はとても困難でした。参加者の方々とのシェアは苦行で、修行のつもりでいたこともあります。
受講していくと、だんだんと自分を解放することが出来ました。自分の良いところ、弱いところを受け入れ、認められるようになりました。更によかったのが、グループで学び分かち合う事です。辛いこと、嬉しいことを分かち合うことが喜びであるということも発見出来たのです。これが私にとって本当の奇跡だと思います。
忙しい仕事に就き、刺激的な勉強も出来、心を寄せ合える仲間に囲まれて日々過ごせることを幸せに感じ、感謝しています。

カバラの叡智が凝縮した実践プログラム!(会社員 45歳 男性)
カバラを何も知らない私がなんとなく受けたILCのワークショップは驚きと気づきの連発でした。
普段の生活や仕事、人生に知慧を持てと、カバラの叡智をギュッと凝縮した実践編で、実際に、仕事などの問題点が大きくなる前に早く原因に気づくことで問題が消滅することが多くなり、やればやるほど確信となりました。
私はカバラをとおして私自身の歩む道に、地図と羅針盤を手に入れた思いです。
最近では困ったとき、カバラのツールを自然と使っている自分がいます。

頭と心のバランスが上手く取れるようになりました(20代 女性、ベーシック修了者)
占い師を目指す上でスピリチュアルな勉強もした方がいいと思い受講しました。占いの勉強を始めたばかりで、スピリチュアルなことも全く知らなかったので、最初は不思議な授業に圧倒され「なぜここに居るのか」とさえ考えたけど、今の自分に必要な大きな学びである事がわかってきました。
対人関係が苦手で自己犠牲が多く、自分は社会の奴隷だと思っていました。未来に夢も希望も愛もなく、孤独を生きていくんだと覚悟していたけれど、気付いてもいなかった過去のトラウマに支配され、自ら不幸の道へ向かっていることがわかりました。
このままではまずいと、自分を変えたくなり、正しい選択をしていくにはポジティブな考え方と癒された心が必要だとわかりました。
ベーシックコースをを終えて、自分を見直すと物事の見方や考え方が肯定的になり、心が癒されていると感じる事が増え、頭と心のバランスがうまくとれるようになりました。自分に自信を持って気持ちの良い毎日を過ごしていけるように、第2段のアドバンスコースの学びも楽しみにしています。
私に夢、希望、愛、元気、活力、明るさ、生きる楽しさと学ぶことの大切さを教えてくれた先生方や一緒に勉強したメンバー、ILCに心から感謝しています。
これからもしっかりILCを勉強したいです。

これからの人生が本当に楽しみです(事務職 59歳 女性)
今まで持て余していた自分の感情と向き合い、なかなか変えられなかった思い込みや自然に出る言葉を変える事ができました。
そして何より、困った事が起こらなくなりました。別の受け止め方や対処の仕方をILCで教わったからです。
先月のことですが、現在勤めている会社の仕事が来月で終了と決定。私は来年還暦、両親は共に85歳。親の介護に関わり専門的な知識や技術を学ぶ必要も感じていた時でした。漠然としたのは束の間、終了決定から一週間で『次はこれ』と言わんばかりに介護職員初任者研修を受けることになりました。
すべてのタイミングが合い、動き出したのはILCミラクルなのでしょう。必要なもの、こと、ひとがスムーズに運ばれてきました。
その日まかせ、人まかせだった人生がILCと出逢ったことで自分主導に変わりました。
「人生は思った通り、言った通り」とよく聞きますが、ILCを学ぶと本当に『そうだ』と納得できます。
これから先に何が待っているのか、人生が本当に楽しみになりました。

カバラとは

秘境カバラ・生命の木
〜西洋神秘思想の礎、秘境カバラを学ぶ〜

 カバラとは、ユダヤ教の口伝により伝えられている秘境です。
 秘境とは神と直接つながるための教えを意味し、神の知恵を口伝により受け取るということを大切にします。
 書物による伝達ではなく口伝継承されたということは、いかに経験を大切にしているかを現しています。

カバラは根幹をなす思想シンボルとして「生命の木」というモデルを使い、神の意志の顕現、万物創造や森羅万象を表しています。( 生命の木は聖書の「創世記」に記されています。)
カバラを学ぶことや生命の木を学ぶことは人が神に近づくことを意味するのです。

図、生命の木

カバラでは、私たち人間は神の似姿としてこの世に顕著し、本質は霊性であり、神性に由来する存在だと考えます。
神の世界から地上に降り、この世を愛と知恵で満たし、元来た神の世界、源へと戻っていくのです。
私たちに生まれてきた責任や使命があるとするならば、自分を愛し、人を愛し、この世界を愛と知恵で満たし、地上に天国をもたらすことでしょう。

今日、世界中でカバラについて学んでいる人がいます。生命の木に対する解釈や思想もいろいろありますが、Trine ( ラブアンドライト、Filing ) ではイギリス在住のカバリスト、セヴ・ベン・シモン・ハレヴィ師のカバラをもとに勉強会を行っています。

ラブアンドライト→http://loveandlight21.jp/
フィリング→http://filing.jp.com/

秘境カバラ・生命の木を学べるワークショップは定期的に行っています。

お気軽にお問い合わせ下さい。
問い合わせフォーム