西洋占星術

西洋占星術 とは
西洋占星術は、アラブ世界や西洋諸国で発達してきた占星術です。
天と地が共鳴し、私たちも宇宙的な存在として考え、生まれた瞬間の星の位置から占いを行います。天の星の動きからは地上で起こることも予測します。
占星術の起源は紀元前200年と歴史は古く、天体観測として今日まで研究されています。
馴染みのある「星占い」は占星術を簡単にしたもので、世界中で愛されているメジャーな占いなのです。
あなたの生まれた瞬間の宇宙図に運命が記されているという、ロマンのある占術です。
占い師としての活動以外にもマスコミ等、活躍のチャンスが多い占い手法です。
初級6回、中級6回、上級12回、実践6回と、4段階に分かれています。段階的に勉強ができるので、趣味で学びたい方から占い師として活動してしたい方までレベルに応じて続ける事ができます。
初級から受講された初心者の方でもプロの技術を習得することができます。
毎月1回2時間ずつ、段階的に進みますので学んだことが身につきやすい講座となっています。

講師 吉田 ルナ

⚫︎プログラム
全30回
初級講座 6回
中級講座 6回
上級講座 12回
実践講座 6回
⚫︎日程
毎月 第3日曜日
14:00〜16:00
1回120分
⚫︎講座費用
1回8000円+税
( 資料・テキスト代 別途 )
お申し込みはお問い合わせから
→( 問い合わせフォーム )

タロットカード

タロットの起源は、古代エジプトやユダヤであるとされていますが学術的な根拠はなく、古くはジプシーが占いに使用していたカードがタロットではないかという諸説もあります。
一般的なタロットカードは1デッキ78枚、22枚の大アルカナと56枚の小アルカナで構成されています。アルカナとは「神秘」「秘密」という意味です。タロットを神秘的なものとしてみるようになった19世紀頃から使われ始めた言葉で、スピリチュアルということを象徴しています。
タロット占いはカード占いの王道で、初心者の方にお勧めの占術です。
毎回の講座で占いを実践するので、初心者の方も基礎知識を学びながら楽しく学べます。
使用するカードは「ライダーウエイト版」という最もポピュラーなタロットカードです。
タロット占いに興味がある方、プロを目指す方、どちらの方もしっかりと学べる内容です。
全講座を終えた後、タロットカードはあなたにとって素晴らしい相談役になることでしょう。

講師 ローズベル

⚫︎プログラム
全12回
基礎講座 5回
上級講座 4回
実践講座 3回
⚫︎日程
毎月 第3土曜日
10:30〜12:30
1回120分
⚫︎受講費用
1回 8,000円+税
( 資料・テキスト代 別途 )
お申し込みはお問い合わせから→( 問い合わせフォーム )

ルノルマンカード

ルノルマンカード とは
ルノルマンカードは、18世紀〜19世紀にかけフランスで活躍した占術家ルノルマン女史に因んで付けられた、36枚 1デッキのオラクルカードです。
1枚のカードに1つのシンボルが描かれていて、構成はシンプルですが具体的でわかりやすいカードです。
オラクルカードが好きな方や、タロットカードが難しく感じる方、毎日気軽に占いをしたい方に大変オススメのカード占いです。
基礎講座2回、上級講座2回、実践講座2回の3段階に分かれていて、全6回です。
実践練習を多く取り入れ、すぐに占えるようになることを目指します。
ルノルマン女史についてや、カード1枚ごとの意味、小スプレッド(枚数の少ない展開方)から、ルノルマンカードの神髄である『グランダブロー』までコースの中で習得します。
ルノルマンカードは、コツがわかれば具体的で深いアドバイスが得られます。
美しく神秘的な絵柄からはインスピレーションが掻き立てられ、カードの魅力に心奪われることでしょう。

講師 ローズベル

⚫︎プログラム
全6回
基礎講座 2回
上級講座 2回
実践講座 2回
⚫︎日程
毎月 第3木曜日
13:00〜14:30、14:45〜16:15
90分×2講座
※1回の授業で2講座行います。
⚫︎講座費用
1回7000円+税
( 資料・テキスト代 別途 )
お申し込みはお問い合わせから
→( 問い合わせフォーム )

算命学

算命学 とは
算命学は古代中国の占星術です。
この世にあるものはすべて「気」というもので作られていて、人間は年、月、日の「気」を取り入れて生まれます。
算命学の根幹の考え方に「無為自然」というものがあります。
無理しても続かない 結局は良くない結果になる だから無理をしてはいけない 、
自分にあった生き方をすることがこの世に生まれた自分の役割である という考えです。
生まれた日の気を読み解くことで、運勢や人生の流れをその人に合うものにして開運につなげていくのです。
自分を知り、自分がこの世ですべきことを知るためのツールとして算命学の占いがあるのです。
初級講座6回、中級講座6回の2段階に分かれていて、全12回です。
初級講座では自分のの宿命を、中級講座では他人の宿命を読み取れるようになります。
算命学の考え方や応用、性格を読み解く方法、運勢を読み解くコツや伝え方の秘訣までしっかり学べる内容です。

講師 ねうしまり

⚫︎プログラム
全12回
初級講座 6回
中級講座 6回
⚫︎日程
毎月 第一日曜日
13:00〜16:00
1回180分
⚫︎受講費用
1回 10,000円+税
( 資料・テキスト代 別途 )
※ 全12回受講者には算命学宿命算出ソフトの無料プレゼントがあります。
お申し込みはお問い合わせから
→( 問い合わせフォーム )

手相

手相とは、手のひらの線や手の大きさ、丘のふくらみ具合、指の形、爪など、手から情報を読み取ることをいいます。
手にはさまざまな情報が示されていて、性格、適職、恋愛の傾向、不運開運の時期なども読み取れます。
手相は今の自分を知るための占いで、想いや現状がそのまま表れます。想いが変わればそれに合わせて手相も変化するのです。
手相占いで未来を予測することは可能ですが、絶対的なものではなく、このままいくとこういう未来が待っているという傾向を表します。示してある未来に不満を持った場合は、環境や考え方を変えれば手相は変わります。
自分の可能性や開運のタイミングを知ることで人生をより豊かに、望む未来を手にすることが出来るのです。
初級講座では手相をみるのに必要な基本的な知識やコツを学びながら、手相を読み解いていきます。
上級講座では恋愛、結婚、仕事、金運、健康運を占う方法を学習します。

講師 京 風仁子

⚫︎プログラム
全12回
初級講座 6回
上級講座 6回
⚫︎日程
毎月 第3火曜日
10:30〜12:30
1回120分
⚫︎受講費用
1回7000円+税
( 資料・テキスト代 別途 )
お申し込みはお問い合わせから
→( 問い合わせフォーム )

点描曼荼羅

点描曼荼羅とは
曼荼羅とは、仏教(特に密教)において聖域、仏の悟りの境地、世界観などを「仏像、シンボル、文字、神々など」を用いて視覚的、象徴的に表したものです。古代インドに起源を持ち、中央アジア、日本、中国、朝鮮半島へ伝わりました。21世紀に至ってもチベット、日本などで盛んに制作されています。
曼荼羅はサンスクリット語の音を漢字で表したもので、形容詞で「丸い」です。円は完全、円満の意味があることからこれが語源とされています。また「本質」という意味もあります。接尾語のlaは「得る」という意味で、「本質を得る」ということになります。つまり、全てがある。宇宙そのものであるということなのです。
点描曼荼羅は黒い紙にペンで点を打っていきます。集中して一つ一つ点を置くことは「今」を置いていることと考えます。
点を置いていくとだんだん無になってきます。無心になっていく、夢中になっていく。それが点描曼荼羅です。内面につながりやすくなり、また黒い紙を使うことでより深く潜在意識につながることができます。
描く瞑想ともいわれるように、リラックスし集中力が付きます。また閃きが起こり迷っていたことの答えが得られることもあります。

沙々木リサ

⚫︎プログラム
全3回
初級講座 1回
中級講座 1回
上級講座 1回
⚫︎日程
毎月第4日曜日
10:30〜16:00
1回270分( お昼休憩を挟みます )
⚫︎講座費用
1回15,000円+税
( 資料・テキスト代 別途)
お申し込みはお問い合わせから
→( 問い合わせフォーム )