点描曼荼羅講座 あなたもアーティストになれますよ

こんにちは。点描曼荼羅講師の沙々木リサです。
小さいころ絵を描くのが好きだった少女は大人になって点描曼荼羅と出会い点描曼荼羅アーティストになりました!そして講師として活動しています。あなたも点描曼荼羅アーティストになりませんか?

あなたは何だか気持ちが落ち着かなかったり、時々不安な気持ちになることはありませんか?そんな時、点描曼荼羅を描くことで穏やかな気持ちになります。それは描く瞑想とも言われている点描曼荼羅の効果なんです。
点を一つ一つ置いていくうちに夢中になっていき、頭の中がリラックスします。
とても集中して描いていくので描き終わった時はスッキリとして爽やかな気分になります。


そんな点描曼荼羅を自分で描けるようになり教えることができる講座のお知らせです。始めは難しいと思っていた方も描き終わると「自分にも描けた!」と喜んでいらっしゃいます。丁寧に順番に描き方を学びますので無理なく描けるようになります。もちろん分からないところは質問してもらったら実際に描いて見ていただくので必ず習得できますよ。


自分で描けるようになるといつでも心穏やかになりたいときはすぐ描けますし、部屋に飾って楽しむこともできます。お友達にプレゼントしても喜ばれますよ!
そして講座を開いたり個展を開催することも!

初級から上級まで終了されれば自分で教えることができます。なにも縛りはありませんので自由に教えてもらって大丈夫です!

点描曼荼羅講座

日時
初級1月26日(水)
中級2月23日(水)
上級3月23日(水)全3回 14:00~17:00
場所 心斎橋トリン

受講料 1回16,500円(別途管理費3,300円初級の時お支払いください)

全3回 一括払い49,500円(管理費3,300円免除)

講師 沙々木リサ

持ち物 シャーペン式のコンパス、定規、分度器、ジェルペン(こちらでもご用意できます)

点描曼荼羅を描いて心穏やかになることを皆に広げていきませんか?
習い事感覚で始めたい方はこちら→http://trine-kansai.com/blog/6967

点描曼荼羅とは

点描曼荼羅は黒い紙にペンで点を打っていきます。集中して一つ一つの点を置いていくことで「今」を置いていることになります。過去がつながり今になる。そのことを体感することが出来ます。そして今の自分の内面につながりやすくなります。黒い紙を使うことでより深く潜在意識につながりやすくなります。点を置いていくと無になってきます。無心になっていく、夢中になっていく。それが点描曼荼羅です。描く瞑想ともいわれるように、リラックスし集中力が付きます。また閃きが起こり迷っていたことの答えが得られることもあります。

曼荼羅とは

仏教(特に密教)において聖域、仏の悟りの境地、世界観などを「仏像、シンボル、文字、神々など」を用いて視覚的、象徴的に表したものです。古代インドに起源を持ち中央アジア、日本、中国、朝鮮半島へ伝わりました。21世紀に至ってもチベット、日本などで盛んに制作されています。曼荼羅はサンスクリット語の音を漢字で表したもので、形容詞で「丸い」という意味です。円は完全、円満の意味があることからこれが語源とされています。また「本質」という意味もあります。接尾語のlaは「得る」という意味で、「本質を得る」ということになります。つまり、全てがある。宇宙そのものであるといえます。

~沙々木リサ プロフィール~
夫が倒れて5年間意識不明だった絶望の渦中に点描マンダラと出会い、その暗闇から救われたことをきっかけに、点描マンダラを学び、教えることになりました。陶酔してしまうほどの美しさも魅力のひとつですが、身をもって体験した「描くこと」で得られるヒーリング効果や身体的影響を特に皆さんにお伝えしたいと思っています。日常の不安やストレスを癒やし、心を強くしてくれる点描曼荼羅は、まさに「究極の癒しのアート」です。皆さんの人生にも点描マンダラが活きることを信じて、このアートを世界に広める活動を展開しています。

    ●お名前【必須】

    ●メールアドレス【必須】 ※パソコンのメールアドレス、Gmail推奨

    ●お電話番号【必須】

    ●ご用件【必須】

    ●内容【必須】

    ★鑑定のお申し込みの場合★
    ①生年月日 ②出生時間 ③出生地の情報をご記入ください。
    ※②③は分かる範囲で結構です[例:②14:00頃/夕方/不明など ③大阪市]

    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    ●48時間以内に、担当者よりメールにてご連絡を差し上げます。

    ※上記期間内に返信がない場合は、迷惑メールフィルターでブロックされている可能性がございます。
     お手数ですが、再度お問い合わせいただくか、
     お電話[06-6575-7977 / 営業時間 11:00~17:00]にてご連絡をお願いいたします。

    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――