誕生日に込められたメッセージを読み解く講座

こんにちは。大阪占い、トリン占いスクールのローズベルです。2月22日に誕生数秘術講座を行います。これまで何度か行ってきましたが、今回バージョンアップし、4時間の授業で行います。

誕生数秘術はとっても簡単です。生年月日を1桁になるまで足していくだけであなたの数字が分かります。その数字があなたのメインの数字ですが、それだけでなく「過去の数字」と「未来の数字」も大切と考えます。その人それぞれに3つの数字があり、その組み合わせで自分の得意なこと、苦手なことが把握できます。

どんな風に把握するの?

例えば2020年1月22日に生まれた赤ちゃんがいたとします。

0はカウントしないので2+2+1+2+2=9となり、この赤ちゃんは「9」がメインの数字なんですね。

「9」は1~9の数字の中で1番大きな数字です。全体を見る力があるので、他者への気配りが上手です。自分のことより、周りに気配りする心優しい子どもさんに成長されるのではないでしょうか。

また22日はぞろ目ですから、過去数を出す場合、2+2=4と足さずにそのまま22と考えます。「22」は特別な数字となり、とてもスピリチュアルな要素があります。この赤ちゃんはきっと直観力が高く、見えない世界の話も好きだと思います(笑)

未来数は「5」です。この子のテーマというか人生の課題のようなものが「5」の数字の持つエネルギーとなります。

「5」はとてもアクティブです。自分の情熱のまま、行動できるのです。気が向けばフラッと海外へ旅立つなんて抵抗なく出来そうです。反対に「9」は他者のことをまず、思いやって考えるので自分の情熱のまま行動することは苦手かもしれません。でも、そうせざるを得ない事がよく起こったりします。「自分を優先し、情熱的に生きる」という人生のテーマがあるので、クリアにするために何度も起こるわけです。このあたりにこの赤ちゃんのテーマが見えてきます。

2020年1月22日生まれの赤ちゃんは過去=22、現在=9、未来=5

という3つの数字を持っています。ママが赤ちゃんの数字と相性のいい数字であれば親子関係もスムーズでしょう。反対に質が違う数字しかないと「わが子ながらよくわからない。。。」となるやもしれません(笑)

数字には「いい」「悪い」はありません。「特徴」があるだけです。数字は個性なんですね。誰もが持っている誕生日。家族でも質の似ている数字を持っていたり、まったく正反対だったり。その組み合わせは様々です。

1つずつの数字の特徴を学んで、過去、現在、未来の数字の捉え方のコツをつかんで誕生数秘術の世界を知る講座です。普段のコミュニケーションに役立つこと間違いなしです☆

 

2月22日(土) 13:30~17:30 4時間

受講料16000円+税 テキスト代1000円別途 再受講10000円

講師:ローズベル

会場:トリン占いスクール

大阪市中央区南船場3-10-26

    お名前【必須】

    メールアドレス【必須】 ※パソコンのメールアドレス、Gmail推奨

    お電話番号【必須】

    ご用件【必須】

    内容【必須】

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です