新型コロナウイルスについてのチャネリング

こんにちは。吉田ルナです。

タロットパスワークを行っているのですが、それは生命の木に対応したタロットカードを学び、そのカードに込められた叡智に触れるためにスクライイングという方法を使って瞑想するというワークショップです。

タロットパスワークでは、一回で一枚のカードを扱っていきます。一枚のカードに込められた意味や奥義を、深く読み取っていくことができるのがパスワークの面白さです。

ただ単に占いにタロットカードを利用するのではなく、カードの叡智に繋がっることで、今を生きる私たちに必要な知恵を得ることができます。

このワークショップはオンラインで行っていますので、誰でも参加できて、タロットを知らない人でも、興味があれば参加できます。

毎月第四木曜日15時30分~17時30分で行っています。

今週は「力」のカードのパスワークでした。

一枚のタロットカードを考察するに当たって、生命の木を使います。

タロットカードの大アルカナ22枚は、生命の木の22本のパス(器と器を繋げる小径)に対応しています。

力のカードは、生命の木のティフェレットーヘセッドのパスに対応します。

ティフェレットは自己を表し、ヘセッドは慈愛を表します。

右の柱は、拡大の柱ですので、外側にあるものを吸収し拡大します。このハスはティフェレットの自己が意思を持って社会に働きかけるというパスです。社会にあるものを受け入れるのは、偏見のない愛が要るのです。それが、ヘセッドの示す慈愛です。

パスワークを行っている時に『今の自分に、このパスはどんなことを教えてくれるのだろうか』と、考えながらパスワークを行うのですが、私たちは社会に対してどのように関わっていけばいいのかを教えてもらえました。

パスワークでは、タロットカードや今の社会、今の自分を考えて、その後瞑想に入ります。その時に、私はバイノーラルビートを使うので、トランス状態になりやすいのだと思います。

その時のトランスリーディングの内容が興味深かったのでシェアします。

 

『なぜ、新型コロナウイルスはパンデミックを引き起こしたのか?私たちはどう社会に働きかければいいのか?』という疑問があってので、そのことを知りたいと思って、パスワークを行いました。

 

間違ったことが広がってしまったので、それを刷新するために新しい価値観、新しい生活習慣が必要だったから。

中国が世界的な影響を強めていることを恐れている意識が中国初のパンデミックを引き起こした。

ワクチンは11月に世界中に届けられるだろう。

これを使って経済的、政治的な利用をしてはいけない。民族や文化、人種を越えて世界中に届けなければならない。

なぜなら、経済力の有るもの、政治的な駆け引きなどでワクチンがワクチンが行き渡らないなら、その場所で流行し、ウイルスが変異して、また襲ってくるかもしれないから。

このウイルスの流行によって、地球人が争いよりも愛を選ぶことを試されているみたいです。

知恵の結晶であるワクチンを愛を持って世界中に届けなければなりません。それが私たちがしなければいけないことです。

個人的には、愛の肉体、感情、精神(思想や信念)、魂(存在のそのもの)のレベルを知ること。体験すること。

と言われました。

このウイルスは個人主義(利己的)になった人々に、愛で繋がることを教えてくれるのです。

きっと、このウイルスを克服したとき、私たち人類の一人一人が本当に他者をいやることができるのだと思いました。

本能のまま、感情のままに行動するのではなく、相手を思いやる気持ちが社会をよい方向に変えてくれるのだと思います。

 

パスワークは、いつも今の自分に必要なことを与えてもらっています。

もし、参加してみたいと思う人は、一度だけでも構いませんので、お気軽にご参加ください。

こちらの記事を参考にしていただくと、パスワークについて分かると思います。

タロットパスワーク

第四木曜日15時30分~17時30分

参加費 5,500円

講師 吉田ルナ

お問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です