こんにちは。吉田ルナです。

私はタロット占いを教える仕事しているのですが、タロットを知れば知るほどそこに込められた奥義をもっと知りたい、そんな気持ちがでてきました。占星術や数秘術を学び、タロットの理解も深まりましたが、タロットの根幹となるカバラ・生命の木について、知りたいと思いました。

「生命の木」 命の木… なんて神秘的な名前なんだろうと思いました。カバラという西洋神秘思想の根源となる教えについてもっと知りたいと思いました。そう思って30年近く経ちます。今の私はちょっとはカバラについて生命の木について知ることができましたが、この神の叡智ともいえる教えをマスターするには至りません。たぶん、人間に何回も何回も転生しないと生命の木の上の方の意識に多取り付けないのだと思います。

でも、今の私でも理解できているものがありますので、それについてお話したいと思います。

一般的なタロットカードが78枚あるのは生命の木を象っているからです。大アルカナは22枚で構成せれていますが。それは、生命の樹の22本あるパス(小径)に対応しています。

その生命の木のパスに22枚の大アルカナが対応しています。

なので、カードを正しく知るために生命の木を知りたいと思いました。生命の木は、神がこの世に顕現するプロセスをしめしています。また、私たちがこの世から神の世界に帰るプロセスを示しています。このタロットと生命の木の対応のさせ方はいろいろあるのですが、私は、自分の師事した先生である、ゼフ・ベン・シモン・ハレビ先生(日本人では松本ひろみ先生)が紹介する生命の木とタロットの対応を学んでいますが、ハレビ先生は生命の木とタロットの対応のさせかたと三通り伝えてくれているので、まだまだ考察しなければなりません。

生命の木とタロットカードの考察について時々、ブログにアップしていこうと思っていますので、興味のある人はときどきチェックしてくださいね。

とりあえず、生命の木を学ぶための勉強会に参加して、生命の木の各セフィロトの機能について知りました。生命の木の領域の意識について、それから、四世界について学びました。

私の場合、タロットの基本的な意味などは分かったいたけれど、タロットに込められた叡智を知りたくて、タロットパスワーク、タロットを使ったスクライング(タロットを使った瞑想のワーク)を行って一枚ずつのカードをワークしていました。一人ではなかなか上手にできないので、複数の人と所にスクライングのワークを行うと、タロットが示すいろいろなストーリーが出てきます。それはとても興味深いものです。

もし、タロットのスクライング、タロットパスワークに興味のある人は、2019年1月からトリンでワークショップを持つことになったので是非参加ください。

興味が有る人はトリンでワークショップのご案内です。毎月第三日曜日にやっていて、参加者は不定会参加可能です。詳しくはこちらを→タロットパスワーク

タロットパスワークの進行に合わせてブログをアップしていこうと思います。お楽しみに~♪

吉田ルナ著