吉田ルナの占星術コラム 占星術ミニレッスン ④アスペクトについて

こんにちは。大阪「トリン占いサロン&スクール」の西洋占星術講座・講師の吉田ルナです。

「チャートリーディングができるようになる!」を目指して、コラムにて占星術ミニレッスンを行っています。

今日のテーマは「アスペクトについて」です。

アスペクト(座相)は、星と星とが、地球を中心にしてどのような角度をつくっているのかをチェックします。そして、特定の角度を形成していることを、アスペクトしているといいます。

では、さっそくアスペクトについてお話ししていきましょう!

メジャーアスペクトについて

・コンジャンクション 0° 

日本語では合と呼ばれ、アスペクトの中でも一番強い影響力があります。惑星によって調和か不調和かが決定されます。

・オポジション 180°

日本語では衝と呼ばれ、コンジャンクションの次に強い影響力があります。ベネフィック・マレフィックに関わらず不調和です。

・スクエア 90°

ベネフィック・マレフィックに係わらず不調和です。こだわりが強くなります。

・トリン 120°

トラインと発音することもあります。ベネフィック・マレフィックに係わらず調和的です。才能を発揮しやしです。

・セクステル 60°

ベネフィック・マレフィックに係わらず調和的です。人間関係によい影響を与えます。

また、メジャーアスペクト以外に、マイナーアスペクトもあります。

不調和座は、150°、135°、45°

調和座は、30°、72°、144°、36°

アスペクトはする場合、惑星と惑星がぴったりその角度を形成することは少ないです。そのため許容範囲(オーブ)というものを設定ます。

※今回のお勉強では、無料作成のサイトを使用しています。ですので、そのサイトのオーブ設定にお任せしましょう。

※ブログ記事ではアスペクト記号が記載しにくので割愛ています。

では、実際にアスペクトをチェックしましょう!

今回、無料でホロスコープ作成できるサイトは、こちらをご紹介します

無料占いの決定版ゴイスネットさんです。
赤いラインは調和座、青いラインは不調和座で表しています。

さて、これをどう読むかですが、

☉太陽は

☿水星と0°コンジャンクション

ドラゴンヘッドと0°コンジャンクション

♄土星と120°トリンを形成しています。

☉太陽は生命力、公的活動を示しますので、

☿水星と0°は、知的な活動に対して、知恵が働きすぎたり、あまり働かなかった足りするかもしれません。コンジャンクションは吉凶両方の意味がでますので。

ドラゴンヘッドは惑星ではないので保留しますね(また、機会があればお話します)

♄土星と120°は公的活動に関する努力が実る。責任を持つことができる。実績が認められるなどの意味が現れると読みます。

☽月も同じように、行うと☽月は生活を表しますので、

☽月と♅天王星の0°コンジャンクションは、

生活が突然の変化でうまくいかなくなると読めます。

☽月と♄土星の90°スクエアは、

生活を制限され、我慢しなければならないとなります。

こんな感じに惑星と惑星の意味を与わせて読むのですが、

☉太陽と☽月のアスペクトを優先して読み、

次に、パーソナルプラネットにどのような星がアスペクトしているかをチェックします。

例えば、上記のホロスコープは、♀金星は愛情に関する星なので、

♀金星と♃木星は、120°トリン、調和座を形成しているので、愛情(♀)が寛大(♃)となります。愛情豊かな人物と読めます。

惑星の意味と惑星の意味を組み合わせて読むのですが、調和座ならよいキーワードを組み合わせて、不調和座なら悪いキーワードを組み合わせて意味を作りますが、少しなれがいりますね。

アスペクトまで、習うと、惑星が、どのハウスに入っていて、どの星座にあるのか? そして、どんなアスペクトを形成しているかを組み合わせて読みますが、次の講座では、運勢を読むときに大切なポイントについてお話しますね。

トリン占いスクールでは西洋占星術スクールを開催しています。

オンラインの開催ですので、いつからでもお勉強ができます。

こちらからご確認できます。

また西洋占星術のセッションをご希望の方は、こちらから予約可能です。

私、吉田ルナ以外に、ローズベル先生、ういっちょ先生も西洋占星術が得意ですよ。

★連載コラムのバックナンバーはこちらからどうぞ。

吉田ルナの占星術コラム 占星術ミニレッスン ①12星座について

吉田ルナの占星術コラム 占星術ミニレッスン ②10惑星について

吉田ルナの占星術コラム 占星術ミニレッスン ③12ハウスについて

また、西洋占星術に関するご質問やご相談がありましたら、下記よりお気軽にご連絡ください。

    お名前【必須】

    メールアドレス【必須】

    お電話番号【必須】

    ご用件【必須】

    内容【必須】